国立 NOTRUNKS ミュージックダイニングバー国立 NOTRUNKS ミュージックダイニングバー

イメージ

ABOUT NOTRUNKS

その昔名器と謳われたアルテックA7(小劇場用スピーカー)が鎮座するジャズ中心のダイニングバーです。新譜はほとんどありません。ジャズに新しいも古いもない、宣伝量の多さが内容の濃さではないのです。A7で確かめてください。酒も飲めて、料理もそこそこ、週末にはライブも楽しめる。そんなジャズの発信基地が目標です。ジャズ・バーとしての比重が高いと思いますが是非遊びに来てください。ジャズの奥深さを共に楽しみましょう。

所在地:東京都国立市1-10-5・5F
TEL : 042-576-6268
定休日:火曜日
営業時間 : 18:00 〜 25:00(日・祝 〜24:00)

店主 村上 寛 プロフィール

1950年、寅年生まれです。2001年の秋にNO TRUNKSをオープンさせました。2001年宇宙の旅です。20歳の頃、オープンしたばかりの吉祥寺「メグ」の初代レコード係りを経験した後、24歳の時就職し、27年間務めた新星堂を退職した年です。

在職時代の多くはディスクインの店長としてでした。高円寺ディスクイン No.1を皮切りに吉祥寺の路面にあったディスクイン N o.2、立川ディスクイン(残念ながら全て消滅しました)と歴任し最後はディスクインが3店統合された吉祥寺ディスクインで燃え尽きました。新星堂のジャズは私が背負っていたと自負しております。傍系レーベル、オーマガトキの中央線ジャズ・シリーズを全てプロデュースしました。1985年には10余人の勇志を募って東京ニュー・ジャズ・フェステヴァルをスタートさせました。渋さ知らズや林栄一、片山広明を愛しみ育て上げたと勝手に思っています。

レコード・コレクターズやクロスビート誌でジャズ評論を、本名である村上寛やペンネームである瀬戸蓮二の名でやっていたのもこの当時です。硬派のジャズ・ファンですが涙もろいので演歌的なジャズも大好きです。私=当店は耳あたりのよいムード・ジャズは得意ではありませんので、その点はご容赦ください。ジャズ以外には陶芸を少々とバイクツーリングをたまに。温泉と桜を愛します。そして毎日3合ほどの芋焼酎をたしなみます。

店名の由来

東京new jazz festival (tnjf)はレコードも2枚作っている。片山広明の「so kana」と早川岳晴の「salt」(ともにスタジオ・ウィーがCD化)だ。発売するにあたりレーベル名をNo Trunksとしました。色々考えた挙句の選択でした。
巨大な組織の冠コンサートに対抗して立ちあがった我々10余人の闘士。選ばれし屈強な若者がボクシング・リングの上にグローブをつけて登りました。いざガウンを脱いで戦いの開始です。・・・はて?観客の失笑が聞こえます。情けない話ですが、ボクサーは緊張のあまりトランクスを穿いてくるのを忘れてしまったのです。強い意志はもっていましたが何か空回りしている間抜けな男。こんな図です。我々tnjfはそんな集まりでしょう。
会社を辞めて店をオープンさせる時、長く封印されていたNo Trunksを店名にしょうと決めていました。何故なら、その時の私も間抜けなボクサーのようでしたから。

オヤジ@赤提灯

村上寛のライフワーク? 是非お立ち寄りください
(横浜編 Last Update 6.20.2016)

SNS・メールマガジン・Blogで
ライブ情報等をお届けします。

Blog「持続するNOTRUNKS」
(ライブ情報・不定期更新)

Blog「(続)持続するNOTRUNKS」
(音楽レビュー・居酒屋めぐり)

メルマガの紹介
(まぐまぐ登録ページ)

メルマガ登録フォーム(解除はこちら